文字サイズ

登録講習

受講票の受領と講習受講について

受講票の受領
受講票の発送予定日

登録講習の受講票は、発送予定日(「講習開催日一覧」参照)に受講申込時の住所宛に発送(普通郵便)いたします。
講習日の7日前までに受講票が到着しない場合は、『登録講習に関するお問合せ窓口』までご連絡下さい。

申込後に転居された場合は、受講票が届くよう、必ず郵便局へ転居届を提出してください。
変更受付期間内に住所変更の手続きを行った場合は、受講票は変更後の住所に発送されます。
受講票の受領

受講票は、到着次第、必ず内容をご確認ください。
記載内容に誤りがある場合は、『登録講習に関するお問合せ窓口』までご連絡ください。
受講票①、受講票②兼写真票、修了証明書受領書の全て)は、受講当日必ず受講会場に持参が必要ですので、切り離さず受講当日まで保管してください。

<受講票サンプル>

受講までの準備
(1)本人確認書類の準備

受講当日、登録講習における本人確認書類(下表)で、本人確認を実施いたします。
本人確認ができない方は受講できません。

■登録講習における本人確認書類

  • 運転免許証(平成24年4月1日以降に発行された「運転経歴証明書」を含む)
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
    ※現在写真付き住民基本台帳カードをお持ちの方は、有効期間内であれば、個人番号カードを取得するまでは利用可能です。
  • 在留カード、特別永住者証明書(外国人登録証明書を含む)
    ※下記「本人確認書類として在留カードまたは特別永住者証明書を選択される方へ」をご確認ください。
  • その他官公署が発行した顔写真付きの証明書

※ 1~5のうちいずれか1点を講習当日にご持参ください。

いずれも、日本国内で発行された有効期限内のもので、受講票に記載された氏名と同じ氏名が記載されたものに限ります。

貸金業者が発行する身分証明書は本人確認書類とは認めませんのでご注意ください。
講習当日に登録講習における本人確認書類をお持ちでない方、また、協会の指定する本人確認書類で本人確認ができない方は受講できませんので予めご了承ください。

「本人確認書類として在留カードまたは特別永住者証明書を選択される方へ」
以下の2項目両方に該当する方は、在留カードまたは特別永住者証明書に加えて通称名の記載がある住民票をご持参ください。(前記書類だけでは本人確認ができないため)

  • 外国籍の方で通称名で受講申込をされた方
  • 資格試験合格後、一度も主任者登録を受けたことがない方
    (※一度でも主任者登録をされたことのある方は、住民票の持参は不要です。ただし主任者登録時から本名の変更があった場合は必要となります。)
(2)受講票への写真の貼付

受講票の所定の場所に6ヵ月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景のタテ3cm×ヨコ2.4cmの受講申込者本人の顔写真(白黒・カラーの別は問わない。光沢紙でないもの、不鮮明なもの、コピー紙への印刷は不可。)を貼付してください。
※ 写真の裏面に受講申込者氏名、受講番号を記入のうえ貼付してください。

講習の受講
当日ご持参いただくもの

次の(1)~(4)を全てご持参のうえ、講習会場にお越しください。

(1)
写真を貼付した受講票(受講票①、受講票②兼写真票、修了証明書受領書の全て)
(2)
登録講習における本人確認書類の原本(不所持の場合、受講できません。)
(3)
修了証明書受領書の捺印用印鑑
修了証明書交付時に記名捺印が必要となりますので印鑑(認印)をご持参ください。
(4)
筆記用具
講習で使用する登録講習教材は、講習会場で配布いたします。
講習当日の注意事項
(1)
講習会場は、午前9時に開場いたします。講義室入室前に受付を済まし、午前9時30分までに所定の座席に着席してください。
(2)
講義中の途中退出は禁止します。
(3)
講義室内では、携帯電話、スマートフォン等の電源は切るか、マナーモードに切り替えてください。
(4)
休憩時間終了ごとに出席確認を行いますので、講義開始時間までに必ずご着席ください。
(5)
講習会場内では、講習管理者の指示に従って行動してください。指示に従わないとき、または不正な行為等を行った場合は退場を命じることがあります。
(6)
昼食は用意していませんので、各自手配してください。また、講習会場では指定された場所以外での飲食はできません。
(7)
講習会場への直接、または電話での問合せおよび下見は固くお断りします。
(8)
講習会場には必ず公共の交通機関を利用してご来場ください。
※ 講習会場に駐車場の用意はありません。
(9)
インフルエンザの発生状況によっては、講習会場においてマスクの持参・着用を義務付ける場合があります。詳細は協会ホームページをご覧ください。
自然災害(台風・地震・大雪)や交通機関の運行停止の場合の措置について

大雨・洪水・暴風・暴風雪・大雪等の気象状況および気象庁による気象警報をもとに、協会が危険であると判断した場合は、講習を休講とする措置をとることがあります。(気象警報のみに基づく休講の措置は行いません。)
また、交通機関の運休・遅延によっては、講習開始時刻及びカリキュラムの変更を行うことがあります。
上記の措置で休講とした場合は、別途日程を調整のうえ、代替日を設けて実施します。
措置の内容、代替日程等の詳細については、協会ホームページに掲載しお知らせいたします。

修了証明書の交付
登録講習の修了の認定

登録講習の修了の認定は、登録講習科目ごとに、知識の確認並びに最新の知識および能力の習得を行った者に対して行います。

<<修了の基準>>
各講習科目の全講義時間の出席を原則必要とします。
※遅刻・早退・途中退席等により出席しない時間が合計30分以上ある場合には、出席したとはみなしません。

修了証明書の交付

修了の認定を受けた受講者には、講習終了後、修了証明書を講習会場で交付いたします。
※希望受講地の変更等がある場合は、修了証明書を当日交付できないことがありますので、予めご了承ください。

<<主任者登録の申請>>
主任者登録申請には修了証明書の写しを添付する必要があります。
主任者登録の申請は、受講日から6ヵ月以内(登録申請書送付の当日消印有効)に行う必要がありますのでご注意ください。
また主任者登録の更新を受けようとする方は、受講日から6ヵ月以内かつ現主任者登録有効期限の6ヵ月前から2ヵ月前(登録申請を団体で行う時は3ヵ月前)に行う必要があります。

主任者登録の申請方法については、講習受講当日に主任者登録申請について詳細な説明を記載した「主任者登録の手引き」を配布しますので、ご確認ください。

このページの先頭へ