メニュー

文字サイズ

注意喚起

中小企業経営者を狙うファクタリングを装ったヤミ金融や、SNSを通じた「個人間融資」を装ったヤミ金融にご注意

財務局長又は都道府県知事の登録を受けていない違法な金融業者による貸付けが横行しています。借入れをする場合には、業者の貸金業登録の有無を確認し、登録の確認ができない業者からは、絶対に借り入れをしないでください。
中小企業の経営者を狙い、売掛債権を売却して資金を調達する「ファクタリング」を装って、無登録業者が債権を担保とした違法な貸付けを行っている事案が確認されています。
また、SNSなどを通じて見知らぬ人同士が知り合い、お金の貸し借りを行う「個人間融資」では、違法な高金利での貸付けや無登録業者による貸付けが行われている事案が確認されていますので、くれぐれもご注意ください。

ファクタリングを装ったヤミ金融

「ファクタリングを装ったヤミ金融」とは、高額な手数料を差し引き、売掛債権の買い取り代金を支払うものの、正規の債権売買ではないことから、買主が回収リスクを負わず、債権回収できない場合は買戻しを行わせるもので、実態は貸付けです。貸金業の登録がされていない無登録業者のヤミ金融です。くれぐれもご注意ください。

ファクタリングを装ったヤミ金融

注意喚起チラシ 「~経営者の皆様~ その資金調達 大丈夫ですか?」(PDF:83KB)

日本貸金業協会では、ファクタリングを装ったヤミ金融である可能性が高いケースについて例示し、皆さまに注意喚起を行っています。

個人間融資を装ったヤミ金融

「個人間融資」とは、SNSなどを通じて見知らぬ人同士が知り合い、金銭の貸し借りを行うものです。個人間融資であっても、反復継続の意思をもって金銭の貸付けを行う場合には、貸金業の登録を受ける必要があります。個人を装ったヤミ金融により違法な高金利の貸付けが行われるほか、個人情報が悪用され、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。くれぐれもご注意ください。

個人間融資を装ったヤミ金融

【参考】リンク

貸金業を行う場合には、登録を受けなければなりません。借り入れを行おうとする業者が登録業者であるかどうかを、「登録貸金業者情報検索サービス」を利用するか、財務局又は都道府県へ最新情報を確認してください。

金融庁ウェブサイト内コンテンツ