文字サイズ

相談窓口の業務(貸金業相談・紛争解決センターのご案内)

相談・苦情受付窓口のご案内

貸金業務に関連する借入や返済のご相談、貸金業者の業務に対する不満等の苦情の受付を行っています。
特に多重債務問題については、債務の原因として失業や生活費の補てん、ギャンブル・遊興費等さまざまなものがありますが、相談者の状況に応じ、債務整理の方法等についての助言や情報を提供したり、再発防止を目的としたカウンセリングや家計管理の実行支援を行っております。
ご相談や苦情の申立て、貸付自粛制度の利用については、手数料等の費用はかかりません。

こんなことで困ったら・悩んだら、迷わずご相談ください。

相談・苦情の流れ

相談・苦情の受付方法・お問合せ先
  • 電話での受付 (受付時間:9:00~17:30) 土・日・祝日・12月29日より1月4日までを除く

    ナビダイヤル 0570-051-051 または 03-5739-3861

  • ファックスでの受付

    ファックス番号: 03-5739-3024

  • 郵便での受付

    〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15 二葉高輪ビル2階
    日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター

    固定電話からは、全国どこからも市内通話料金(3分8.5円税別)でかかります。
    PHS、IP電話は、各支部(こちら)または貸金業相談・紛争解決センター(03-5739-3861)までお掛けください。
    お電話での申出内容を正しく把握するため、会話の内容を録音させていただく場合があります。
  • 貸金業相談・紛争解決センター・各支部への来訪による受付

    電話にて事前に来訪日時をご予約願います。
    月曜日~金曜日 9:30~17:30(祝日・12月29日より1月4日までを除く)

    日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センターの所在地は、
    〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15 二葉高輪ビル2階 地図
    電話:03-5739-3861 FAX:03-5739-3024

    各支部の所在地はこちらをご覧ください。

相談対応

一般相談

「登録業者かどうか確認したい」「契約内容に不明な点がある」「ヤミ金融業者への対処法を教えてほしい」などの相談を受け、適切な助言を行います。

債務相談

「多額の借金を抱え返済に困っている」「借金の整理方法がわからない」といった相談には、債務状況や返済能力などを把握した上で、必要な助言や情報提供、他の相談機関の紹介などを行います。
また、「借金は整理できたが家計管理が苦手で今後の生活が不安」「依存症(ギャンブルや買い物等)が克服できない」といったケースには、再発防止を目的とした生活再建支援カウンセリングなども行っています。
事例はこちら

苦情処理

貸金業務等のトラブルに関して、契約者等(申立人)から貸金業者(相手方)に対する不満足の表明があった場合は、苦情としてこれを受付します。尚、貸金業者が協会員並び加入貸金業者以外の場合は、協力の要請を行います。
手続について以下をご覧ください。事例はこちら

相談・苦情
(1)
相談受付
 
貸金業務に関する相談を受付し、必要があれば貸金業者に事実確認し、相談者に説明・助言・情報の提供を行います。
(2)
苦情申立て・受付
 
貸金業務等のトラブルに関して、契約者等(申立人)から貸金業者(相手方)に対する不満足の表明があった場合は、苦情としてこれを受付します。尚、貸金業者が協会員及び加入貸金業者以外の場合は、協力の要請を行います。
(3)
事実確認等
 
相手方に、事実確認・調査・解決依頼を行います。
(4)
話合い・調整
 
相手方に指導等を行い、申立人には債務整理を含む解決への助言を行います。
(5)
解決・不調(苦情の申立てから3ヶ月経過の場合)
 
申立人の納得が得られた場合には手続を終了し、苦情の申立てから3か月を経過しても納得が得られない場合は、紛争解決手続へ移行することができる旨を説明し、申立人の意思確認を行います。
(6)
苦情処理手続の終了
 
苦情の申立てから貸金業相談・紛争解決センターの休日を除き120日を経過しても解決の見込みがない場合には、苦情処理手続は終了します。

<相談・苦情のフロー>

相談・苦情のフロー 紛争解決手続へ移行
苦情処理に関する申立書等
内容 PDFダウンロード WORDダウンロード
苦情申立書 PDF WORD
苦情取下書 PDF WORD
回答書 PDF WORD
移行申立書 PDF WORD

このページの先頭へ