文字サイズ

登録講習

受講申込

団体申込

受講申込者が所属する団体を経由し申込む方法で、受講会場予約および受講料の払込は団体責任者が一括して行います。団体責任者がインターネット上で受講申込手続きおよび講習受講状況の管理を行うことができます。

確認事項

団体申込を行う方(受講申込者)は、このページ「登録講習の概要」および講習受講要領を最後までよく読み、記載されている内容に同意いたうえで受講申込を行ってください。

  • 所属団体(会社)のある方は、申込方法について団体(団体責任者)にご確認ください。
  • 下記【団体申込を行う方への注意事項】に同意のうえ、申込を行ってください。
    同意しない方は、各自で個人申込を行ってください。

【団体申込を行う方への注意事項】

  • 各受講申込者の申込から受講結果(修了・未修了・欠席)までの状況を団体責任者が確認しますので以下の内容に同意のうえ、申込を行ってください。

受講申込書記載の同意文書
私は、貸金業務取扱主任者講習の受講申込(以下「本申込」といいます。)を所属する団体経由で日本貸金業協会に対して行うことにつき、日本貸金業協会が、私の貸金業務取扱主任者講習の結果に関する情報を所属団体に対し提供することに同意します。なお、本申込に関し生じた紛議については、所属団体と私の間で解決するものとします。

  • 申込は団体責任者により受講料が払込まれた時点で正式に受理されます。
  • 受講会場の予約は団体責任者が一括して行いますので、各申込者から個別に予約を受付けることはできません。
  • 団体内における申込期限は、予約期間を考慮し、団体責任者が設定します。申込期限のほか、申込方法、受講会場選択方法等、すべて団体責任者の指示に従って申込を行ってください。
    「講習開催日一覧」の団体申込予約受付期限は、団体責任者が受講会場の一括予約ができる期限であり、受講申込者の申込期限ではありません。
  • 受講申込(受講会場予約および受講料払込以外の申込手続き)は、必ず受講申込者自身が行ってください。
  • 予約有効期間経過および郵送申込において書類不備等による、申込不能の責任は協会では一切負えませんので、十分にご注意ください。
  • 一旦、「団体申込」された申込を途中から「個人申込」に変更することはできません。またその逆もできません。

団体申込には、受講希望者が受講者情報および受講会場を登録(申込)する方法としてインターネット申込と郵送申込の2パターンがあります。団体責任者の指示に従い申込方法を選択し、受講申込手続きを行ってください。

申込方法 内容 申込方法選択
インターネット申込 受講申込者各人がインターネットを利用し申込む方法で、受講申込書類の作成および郵送の必要がありません。
受講申込者各人が主任者登録を更新しようとする場合の更新申請可能期間(日数)を画面上で確認し、受講申込することができます。
インターネット申込
郵送申込 受講申込者各人が受講申込書を作成し、受講申込受付窓口に送付し申込む方法。 郵送申込

このページの先頭へ