文字サイズ

資格試験の受験

試験会場における本人確認について

本人確認書類の準備

試験当日は、指定する写真付き公的証明書(日本国内で発行されたものに限定する)により本人確認を実施いたします。

指定する写真付き公的証明書(日本国内で発行されたものに限定する)による本人確認ができない方は、受験できませんので予めご了承ください。

1-1. 指定する写真付き公的証明書

指定する写真付き公的証明書(日本国内で発行されたものに限定する)は次の4種類です。

(1)運転免許証(運転経歴証明書を含む) ※1 ※2
(2)個人番号カード((マイナンバーカード)写真付き住民基本台帳カードを含む)
(3)パスポート
(4)在留カード・特別永住者証明書(外国人登録証明書を含む) ※3

  1. (1)~(4)のうち、いずれか1点、有効期限内のものを試験当日ご持参ください。
    試験当日、不所持の場合は受験できませんのでご注意ください。
  2. (1)~(4)以外のものは一切認められませんのでご注意ください。
  3. 現在写真付き住民基本台帳カードをお持ちの方は、有効期限内であれば、個人番号カードを取得するまでは本人確認書類として利用可能です。
  4. マイナンバーカードの取得方法については、マイナンバーカード総合サイト(地方公共団体情報システム機構のホームページ)等で確認ください。
    また、マイナンバーカードの取得には相当の日数を要する場合が考えられますので、関係行政窓口等でご確認のうえ、取得手続を行ってください。
※1
道路交通法に基づき公安委員会が交付するもの。
※2
運転経歴証明書は、平成24年4月1日以降に発行されたものに限る。
※3
外国籍の方で通称名で受験申込をされた方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」では本人確認ができないため、いずれかの書類とともに通称名が確認できる「住民票」を提示いただきますので試験日迄に取得ください。

このページの先頭へ