文字サイズ

資格試験の受験

貸金業務取扱主任者資格試験問題

 
第3回試験問題
科目別設問形式別出題数
設問形式 法及び関係法令 貸付けの実務 資金需要者保護 財務・会計 全体
適切 適切
でない
適切 適切
でない
適切 適切
でない
適切 適切
でない
適切 適切
でない
4択 9 17 8 5 1 2 0 2 18 26 44
個数 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
穴埋め 1 0 0 0 0 0 1 0 2 0 2
組合せ 2 0 0 0 2 0 0 0 4 0 4
全体 12 17 8 5 3 2 1 2 24 26 50

※各科目共、「適切」な問題の後に「適切でない」問題を出題しています。

貸金業務取扱主任者資格試験問題(科目別)
第3回貸金業務取扱主任者資格試験問題一括ダウンロード PDFファイル
第3回試験問題正答
第3回貸金業務取扱主任者資格試験問題正答一括ダウンロード PDFファイル
財務及び会計に関すること

問題48

企業会計原則(大蔵省企業会計審議会発表)における損益計算書原則に関する次の記述の( )の中に入れるべき適切な字句の組み合わせを(1)~(4)の中から1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

損益計算書には、(ア)計算の区分、(イ)計算の区分及び純損益計算の区分を設けなければならない。
(ア)計算の区分は、当該企業の営業活動から生ずる費用及び収益を記載して、(ウ)を計算する。2つ以上の営業を目的とする企業にあっては、その費用及び収益を主要な営業別に区分して記載する。
(イ)計算の区分は、(ア)計算の結果を受けて、利息及び割引料、有価証券売却損益などを記載し、(エ)を計算する

(1) ア 営業損益 イ 特別損益 ウ 営業利益 エ 当期純利益
(2) ア 売上高 イ 特別損益 ウ 売上原価 エ 経常利益
(3) ア 売上高 イ 経常損益 ウ 売上原価 エ 当期純利益
(4) ア 営業損益 イ 経常損益 ウ 営業利益 エ 経常利益
正解 (4)

問題49

企業会計原則(大蔵省企業会計審議会発表)における貸借対照表原則に関する次の(1)~(4)の記述のうち、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

(1) 取引先との通常の商取引によって生じた受取手形及び売掛金等の債権は、流動資産に属するものとされている。
(2) 取引先との通常の商取引によって生じた支払手形及び買掛金等の債務は、流動負債に属するものとされている。
(3) 営業権、特許権及び商標権は、投資その他の資産に属するものとされている。
(4) 社債、長期借入金等の長期債務は、固定負債に属するものとされている。
正解 (3)

問題50

貸金業者が、貸金業法第13条第4項に基づき作成及び保存を義務付けられている調査に関する記録(返済能力の調査に関する記録)として、次の(1)~(4)の中から適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

(1) 貸金業法第16条の2に規定する書面(契約締結前の書面)又はその写し
(2) 顧客等の資力に関する調査の結果
(3) 顧客等の借入れの状況に関する調査の結果(貸金業法第13条第2項の規定により、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用して行った調査の結果を含む)
(4) 顧客等から、貸金業法施行規則第10条の17第1項に規定する書面等(顧客等の資力を明らかにする事項を記載した書面等)の提出又は提供を受けた年月日
正解 (1)

このページの先頭へ